ADVENTAR

「現代UNO技術論」 Advent Calendar 2015

作成者:Aura Otsuka

登録状況:1/25人

「現代UNOのトッププレイヤーが集まるアドベントカレンダー」

現代UNOの歴史、ルール、戦術、論理、思考などをテーマに自由に書いてください。
日本中のUNOプレイヤーの投稿を楽しみにしています。

UNOについて

UNO(ウノ)は、トランプゲームクレイジーエイトを遊びやすく改良したカードゲーム。スペイン語またはイタリア語で数字の「1」を意味する「ウーノ」(uno) が名前の由来である。アメリカンページワンにもよく似ている。
1971年にアメリカのオハイオ州で理髪店を営むマール・ロビンス (Merle Robbins) により考案され、1979年に広く発売されて人気となった。本ゲームは専用のカードを用い、配られた手札を早く0枚にした者が勝者となるゲームだが、対戦相手を妨害する役札が存在することと、残り手札が1枚となった時に「Uno」と宣言しなければならないことが特徴。世界80ヶ国でこれまでに1億5000万個が販売されている。現在はバービー人形で知られるマテルが権利を保有しており、日本では、マテル・インターナショナルから発売されている。ほかにも、コンピュータソフト版や、専用カードの特徴を他のゲームと融合させたもの、オリジナルルールやオリジナルカードを採用したバリエーションも存在する。